マタニティキャンペーン 写真館からの物語

どんな写真が撮りたい?イメージボードを作ろう!

いざ「写真館で家族の思い出の写真を撮ろう!」と思っても、写真館のカメラマンさんやスタッフと、自分の撮りたいイメージを共有するのは難しいもの。言葉で伝えようとしても、「なかなかニュアンスが伝わらない」「自分のイメージがよく分からなくなってしまった!」なんてお悩みはありませんか?そんなお悩みを解決します!

どんな写真を撮影したいかイメージボードを作ってみよう!

「イメージボードってなんだろう?」と疑問に思った方は多いかと思います。これはデザインのお仕事の現場で使われる言葉です。意味は複数の人で作業をするとみんなの想像するイメージがズレてしまうので「こんな感じにしましょう!」と共通の認識を持つために作る資料のことです。

もう少し分かりやすく言うと「撮りたい写真を集めたスクラップ」のような物です。 言葉だけ聞くと、ちょっと難しそうと思ってしまいますが、コツを掴めば簡単に作ることが出来ます。

post02_2

 

(1)パソコンやスマートフォンで画像を検索しよう!

まずはインターネットで自分が撮りたい写真をさがしましょう。Googleの検索には「画像検索」という便利な機能があります。たとえば、マタニティー写真を集めたい場合、googleの検索窓に「マタニティー写真」と入力します。画像というタブをクリックすると、検索ワードで見つかった画像が沢山並びます。

post02_3

表示された沢山の画像の中から、自分の好みの写真を集めていきましょう。10〜15枚ほど集めていくと、だんだん世界観が見えてきます。パソコンの人はデスクトップにフォルダを作って写真を集めると便利です。スマートフォンの人は画像保存でグループ分けしておくと後からまとめて見ることが出来ます。

(2)集まった写真を並べてみよう!

それでは集まった写真を並べてみましょう!お仕事でワードやエクセル、パワーポイントを使ったことがある方はパソコンで写真を並べて資料を作ってもOK。 パソコンの操作が苦手な方・わからない方はスマートフォンやパソコンのプレビュー画面をスクリーンショットするだけでも簡単に並べた画像が作れます。

post02_4 (3)並べた写真にメモを書き込んでいきましょう!

写真が集まったらどんなところを参考にしたいかをメモしていきます。出力して書き込むこともできますし、スマートフォンの写真合成アプリや、パソコンのオフィス系ソフトでメモを作ってもOKです。

post02_5

これでイメージボードは完成。写真館と打ち合わせをする時に、この資料を使って撮影写真を相談すると、イメージがスムーズに伝わります。たとえばこのメモを参考にマタニティ家族写真を撮影したら、こんな感じの写真ができあがりました。

post02_6

<イメージボードからのメモ>
 ・ナチュラルな写真
 ・白シャツと白スニーカーで撮影したい
 ・青っぽい写真の色味
 ・パパと長男と一緒にマタニティ写真を撮りたい
 ・シンプルな写真にしたい

イメージボードは写真撮影でとても便利な資料です。ぜひ写真館へ行く前に、どんな写真が撮りたいか、自分のイメージをまとめてみましょう!

post02_7

家族マタニティー写真と一緒にマタニティフィギュアも撮影できる写真館があります。写真では残せないマタニティ姿のお腹の形を一緒に残してみてはいかがでしょうか?生まれてくる子どもたちへ。愛や絆のメッセージが残せます。

RANKING TAG

写真館からの物語 他の記事を読む