マタニティキャンペーン ハッピー写真コラム

プロのメイクさんに聞いてみた!マタニティフォトの撮影メイク術(後編)

マタニティフォトやマタニティフィギュアを楽しむのに大切なポイントの1つに「撮影のメイク術」があります。メイク術はリクエストも頂きましたので、Mini-meの撮影でヘアメイクを担当して頂いたプロのヘアメイクアーチストTさんに取材しました。少しお話が長くなりますので前編・後編でご紹介いたします。

前編を読む方はこちらから。



(6)撮影用メイクのリップを可愛く見せるコツはありますか?

撮影では綺麗に撮れるように、カメラマンさんがたくさんの照明をあててくれます。

なので鏡前で見た時の色や印象とは写真になると少し違ってきます。なので初めは薄めにつけとおいて、後は現場でチェックしながら徐々に色をプラスしていきます。少しずつベストな色を探っていくことをオススメします。

リップのグロスをあまりにも塗りすぎると照明で反射してテカテカの唇になってしまいますので、こちらも現場で徐々に足していくといいと思います。



(7)プロのメイクさん直伝の裏技があれば教えて下さい。

やっぱりメイクはベースメイクが最も重要です。ほぼこれでメイクが決まると言えます。

ベースを塗りカバーしたいところをコンシーラーで隠したら、スポンジで顔全体をポンポンと丁寧に少し時間をかけ、優しくたたき込みます。毛穴がよりきになるとこはファンデーションブラシでクルクルしたりポンポンたたき込んだり。

このベースを塗ったあとひと手間で、ファンデーションで肌に密着し、毛穴がなくなりツヤのあるツルツルな肌になります。



(8)ドラックストアでも買えるマタニティフォト用セルフメイクのアイテムはありますか?

先ほども紹介したチークにもリップにもなる練りチークをオススメします。プチプラな商品でたくさんのメーカーからでているので手軽に使えます。

程よいツヤとナチュラルな赤みを作ってくれるだけでなく、頬と同じで唇の色をあわせることでより統一感のある自然で可愛らしい印象になります。

これと一緒に練りタイプのハイライトをCゾーンや瞼、目頭に軽くのせると、より自然なツヤ肌をつけれます。どれも指で軽くポンポンとのせるだけなので、セルフメイクで簡単にできると思います。



(9)プロのメイクさんにお願いするとき、どうやってオーダーをすると上手く伝わりますか?

美容院と一緒で、写真や雑誌をみせるのが分かりやすいと思います。

しかし、骨格や肌質などは人それぞれなので、希望のメイクと自分に似合うメイクは違ってきます。メイクを開始する前はもちろんのこと、メイク中もメイクさんと楽しく会話しながら相談しつつ進めていくといいと思います。

分からないコトや不安なコトは、メイクさんにその都度聞いてみましょう。丁寧に答えが返ってくるはずなので安心できますよ。

もしメイクさんを指名する場合は、自分が話しやすい人をオススメします。メイク中、話が合うメイクさんはリクエストもしやすく楽しい時間になりますね。



(10)撮影中のメイク直しの技や道具はありますか?

撮影が長くなっていくと、顔に疲れがでてきてクマが目立ってきたり、顔色がくすんできたりします。

そんな時にピンクパールやパープルのハイライトを目の下やCゾーンにフワッとブラシで乗せます。一手間で顔色のいい透明感のある肌に戻すことができます。ブラシで薄くつけることによって自然に仕上がりになります。

テカリが気になった時はパフやスポンジでしっかり乗せるのではなく、ブラシでひとはけお粉を乗せると、厚塗りをふせぎナチュラルなツヤは残しながらテカリを防ぐことができます。

道具の使い方の違いで、質感やお顔の写りが変わります。コスメだけでなく、筆やスポンジを用意して使い分けしましょう。



撮影以外にも普段のメイクにも使えそうなテクニックがたくさんみつかりました。プロってすごい!と尊敬です。

ぜひ素敵なメイクでマタニティフォトの撮影をお楽しみください。

 

前編を読む
http://mini-me.jp/campaign/maternity/photos/post07/



マタニティフォトやマタニティフィギュアの撮影はお近くの写真館がオススメ!

写真館リスト
http://mini-me.jp/list/

マタニティフィギュアキャンペーン
http://mini-me.jp/campaign/maternity/

是非ご利用下さい!素敵な写真館で撮影を。

RANKING TAG

ハッピー写真コラム 他の記事を読む