マタニティキャンペーン ハッピー写真コラム

モニターモデルさんのマタニティフォト撮影体験レポート

「マタニティフォトの撮影現場ってどんな感じなんだろう?」実際に写真館で撮影をしたことがないと、少し不安になってしまいますね。今回はマタニティフォトの撮影現場をご紹介します。流れを覚えておくと安心ですね。今回は妊娠9ヶ月のモニターモデルさんにマタニティフォト撮影を体験していただきました。

(1)スタジオについたらまずはヘアメイク

pho1_01 スタジオによってはメイクがない場合もありますが、メイク付きの場合はプロのヘアメイクさんがヘアスタイルとメイクを仕上げてくれます。

髪型やメイクのイメージを伝えましょう。好きな写真を持って行くと伝わりやすいです。スマートフォンに写真を入れておけば、見せやすいですね。


(2)衣装に着替えます

pho1_03 スタジオとあらかじめ打ち合わせしておいた衣装に着替えます。ご自身でご用意する場合と、スタジオにあるレンタル衣装を借りる場合があります。

今回の撮影は「ナチュラルマタニティフォト」がイメージなので、シンプルな【 白シャツ・水色のストライプのパンツ・白いスニーカー 】をご用意しました。


(3)スタジオに入ります

pho1_02 ヘアメイクと衣装への着替えが終わったらスタジオへ入ります。スタジオはストロボなどの機材が沢山あります。床にはケーブルが置いてあることも多いので、足元には十分注意します。妊娠期間はお腹が大きく、ケーブルが見えにくいのでゆっくり歩きましょう。


(4)撮影スタート!

pho1_05スタジオのカメラマンさんが顔の向きやポーズについて声をかけてくれます。最初は緊張してしまうかもしれませんが、時間が経つと慣れてきますのでご安心下さい。もし体調が悪くなってきたり、不安がある場合は、カメラマンさんやスタジオのスタッフさんにお知らせしましょう。

pho1_04 緊張すると喉が渇いたりします。我慢せずに撮影の合間に水分補給をします。フラッシュを使う撮影の場合、お腹の中の赤ちゃんが動くことがあります。疲れがたまってきたら休憩しながら撮影をします。

今回のモデルさんの赤ちゃんも光に反応してたくさん動きました。「いつか子どもに今日の話をしてみたいな」とお話ししました。ポーズを変えつつ、色々なカットに挑戦しました。


(4)スキャニング機材で3D撮影

pho1_06 メインスタジオで写真撮影が終わったあと、マタニティフィギュアを作るためにMini-meのスキャニング機材で3D撮影をします。

たったの90秒で3D撮影が終わるので、マタニティさんでも気軽に撮影ができます。写真館の中にスキャニング機材が設置されているので、マタニティフォトの撮影とフィギュア用の3D撮影を一回の訪問で済ませることができます。

スキャニング機材は回転台になっているので、乗り降りには注意します。スタジオのスタッフも確認しますので、不明点は質問しましょう。体験していただいたモニターモデルさんも簡単に3D撮影できたのでビックリされておりました。データもパソコンで確認できるので、気になる場合は再撮影もできます。


(5)撮影終了!着替えて完了です!

写真撮影・3D撮影が終了したら、本日の撮影は終了!メイクを落としたり、着替えたりして終わりです。モニターモデルさんはヘアメイクを大変気に入って下さったので、そのまま撮影のメイクとヘアでご帰宅されました。

あとは写真とマタニティフィギュアが仕上がるのを待ちます。仕上がりまでの目安は約2週間です。たいていの場合はスタジオから仕上がりの連絡が来ますので楽しみにお待ち下さい。


今回撮影したマタニティフォトをご紹介

今回はナチュラルで優しいイメージの撮影が目標だったのでこんな感じの写真に仕上がりました。素敵ですね。

pho1_07 pho1_08 pho1_09

そして仕上がったマタニティフィギュアはこちら。

※フィギュアのパンツの色が撮影の照明の都合でやや明るく白く印刷されています。

pho1_10 pho1_11 pho1_12 pho1_13

もうすぐ生まれる子どもが大きくなったら、マタニティフィギュアのママのお腹の部分を触っていただけたら嬉しいです。ママのお腹の中にいたんだっていうママのマタニティ時代のお話ができたら素敵ですね。素敵な写真と飾りやすい3Dフィギュア。ぜひセットでお楽しみ下さい。

現在Mini-meではマタニティキャンペーンを開催中です。お得なクーポンがつきますので是非ご検討下さい。一生に何度かだけ体験できる素敵なマタニティタイム。みなさまの思い出をお近くの写真館で残しましょう。

RANKING TAG

ハッピー写真コラム 他の記事を読む