マタニティフォトのスタイリングテクニック

マタニティ写真を撮りたいけど、どんな服を選んだらいいんだろう?どんな撮り方があるんだろう?お腹は絶対に出さなきゃだめ?不安を解決するファッションの選び方や写真の撮り方をご紹介。これからマタニティ写真を撮影したい方にオススメです。

マタニティフォトのオススメのファッションスタイリング

マタニティフォトで悩んでしまうのが、撮影の衣装です。「お腹のラインがきれいに見えつつ、ヌードにはなりたくない」という多く声を撮影スタジオで聞きます。そこで「こんな衣装だとこんな写真が撮れますよ!」というオススメファッションをご紹介いたします。

  • ナチュラル写真

    いつものスタイルに近いナチュラルスタイリングはとても人気があります。家で飾るときもインテリアに馴染みます。

  • アート写真

    はっきりしたコントラストを使い、アート写真を作るスタイリングです。なだらかで美しい曲線が表現できます。

  • 個性写真

    自分らしさを全面に出して撮影します。自分の趣味や好きな服を上手く組み合わせて世界観を表現できます。

  • ナチュラル写真

    いつも着ているシンプルなシャツやコットンスカートを衣装にすると、ナチュラルで優しい写真に仕上がります。オススメは白や水色のシャツ!角襟はきっちりしたイメージ。丸襟はやさしいイメージに。シャツはしっかりアイロンをかけておくと清潔感がある写真になります。

    もしシャツを着てお腹が苦しい場合は、前のボタンを下から3〜4個はずして着るときれいに着こなせますし、シャツの隙間から少しお腹の丸みが見えるので、かわいいシルエットがでます。シャツの中はカップ付きのキャミソールやタンクトップを着るときれいなラインが出ます。シャツやインナーのシルエットを上手く使うことで、お腹を出さなくても素敵なマタニティフォトが撮れます。

    シャツやカップ付きキャミソールはユニクロ無印良品などで揃えられます。出産後も着れるところがいいですね。

    mat11

  • アート写真

    最近では芸能人のマタニティ撮影でたくさんのメディアで紹介されたことで人気が出た、アートフォトのようなマタニティフォト。モノクロでコントラストをはっきり出すのが特に人気です。衣装ではチューブトップやレースやシフォンのスカートなどを使います。

    マタニティフォト専門も衣装も登場してきて、いつもの自分と違う自分に出会いたい方にオススメです。大判に出力して額装して飾るのも素敵です。お腹を出して撮影したい方はチューブトップがオススメです。チューブトップは夏だと簡単にお店で購入できますが、それ以外の季節はなかなか手に入りません。そこで楽天Amazonでダンサー用の衣装などで探すと見つかりやすいです。肩紐(ストラップなど)がないと落ちやすい方は、丈の短いタンクトップのような形もあります。

    スカートはウエストがゴムになっていれば、春夏用の手持ちのシフォンやレースのスカートでも十分に撮影できます。またレースを羽織りたい方は、自身の結婚式で使ったベールなど思い出の品を使うのも素敵ですね。

    mat11

  • 個性写真

    今、とても人気なのが「サッシュリボンベルト」を使ったマタニティフォトです。サッシュリボンとはお花のついたリボンのことです。お花は造花で作ることが多く、枯れないので長く思い出のアイテムとして残すことが出来ます。またマタニティフォトで使ったあと、生まれてきた子どもたちの撮影でも使うことができるので、親子で写真をならべると繋がりを感じてとても素敵です。

    「サッシュリボンベルト」はきれいな市販品やminneなどでも買うことができます。手先が器用な方であればDIYでも作ることが出来ます。

    ほかにはベリーペイントというお腹に絵やメッセージを描くという演出もあります。絵の具はボディペイント用の水性の絵の具や舞台メーク用の専用ペイントを使います。

    衣装に小物を足したり、夫婦や家族の思い出の品を入れたり。自分だけの個性的なスペシャルマタニティフォトを楽しみましょう。

    mat11

写真がかわいく撮れるちょいテクスタイリング

マタニティフォトにちょっとした小物アイテムをプラスすると、さらに素敵な世界観が生まれます。そこでオススメの小物をご紹介。雑貨屋さんでもプチプラで購入できるので、手作りが苦手な人や時間がなかなか取れない人にもオススメです。

  • フラワーシャワーで画面を華やかに

    結婚式用のアイテムにフラワーシャワーがあります。このアイテムをマタニティフォトに使うと色がきれいなので華やかな天使のような写真に仕上がります。 色が何種類も入ったアソートタイプがオンラインで簡単に買えるので、その中から好きな色を選んで使うのがオススメです。

    撮影後はガラスの瓶にいれて家に飾ったり、撮影したマタニティフォトの写真立てのまわりに少しあしらうとかわいいスタイリングができます。

  • フラッグで空間をかわいく

    ここ数年雑貨屋さんなどでもよくみる布製のフラッグ。お部屋のインテリアに使うアイテムですが、これをそのままマタニティフォトに使うこともできます。写真の端にいれたり、背景に入れたり。POPでカワイイ写真に仕上がります。

    またアルファベットの形にくり抜いたオブジェも、好きな文字で用意するとメッセージを作るコトができます。3COINSのお店では2文字で300円で販売しているので手に入れやすいです。最近では100円ショップでもたまにみかけますので、日用品を買うついでに探してみるのも楽しいかも知れませんね。

  • フォトプロップでPOPな写真を

    写真を撮るときにメッセージやアイコンを簡単にたせるアイテムとして「フォトプロップ」があります。棒の先端にメッセージや吹き出し、髭や眼鏡のアイコンなどがついていて、カメラの前でポーズを決めるときに使います。

    雑貨屋さんに売っていることもありますが、竹串と紙、両面テープがあれば簡単に作ることも出来ます。マタニティ写真を撮影するときにもメッセージを表現するのに便利ですね。スタジオに小道具を持ち込める場合もあるので、事前にご相談してみましょう。

    手作りが大変だったり、近くにお店がない方はAmazonのオンラインでも購入可能です。フォトプロップは種類が沢山あるのでみているだけでも楽しいですね。

撮影に便利な雑貨が探せるお店リスト

店舗によってはお取り扱いがない場合もあります。あらかじめ各店舗へお問い合わせ下さい。

 世界の素敵なマタニティ写真

スタッフが集めた世界の素敵なマタニティフォトをご紹介。どんな風に撮りたいかのイメージ作りのご参考に。

  • mat02

    レースを使った衣装とお花は優しい印象になります

  • mat04

    編んだレースを使った衣装とお花ならナチュラル系に

  • mat06

    薄いカラーレースを使った衣装はお腹の形がうっすら見えます

  • mat01

    海辺や自然の中など屋外の撮影も素敵ですね

  • mat05

    生まれてくる子どもたちの服や靴下と一緒に撮影

  • mat03

    シンプルな衣装と自然はナチュラルな世界

  • mat07

    マタニティ友だちと一緒に撮影すると一生の記念に

  • mat08

    これからおねいさんになる長女と一緒に撮影

  • mat09

    母親と親子で撮影すると感動的な写真に